シンプリーキャットフード シニア猫

特にシニア猫にとって良いフード

シンプリーキャットフードは、ネコちゃんに頻発する
腎臓系の病気へのリスクを考えて原材料が選ばれています。

 

一般的なキャットフードでは、残念ながら
腎臓を悪くする可能性が高いのです。

 

一方、シンプリーだったらその心配が無いという訳です。

 

高齢となったネコ程リスクは高まりますから
シンプリーがおススメです。

 

(逆に言えば、わざわざ10ヶ月未満の子猫に与える必要が無いっていうことにもつながるかも)

 

腎臓絡みで多い尿路結石の予防や老猫の関節炎、
ヘアボール等々のことを考えて構成された栄養素がたっぷりなのです。

 

以前は9歳・10歳ぐらいからシニア食に切り替える
飼い主さんが多かったようですが

 

成猫以降にとってトータルバランスにも優れたシンプリーであれば
もっと早くからシンプリーで続けてあげると
より健康に長生きできるようになってきます。

 

【購入できるのはこの通販だけ】
→ シンプリーキャットフード詳細はコチラ

成分に注目!コンドロイチン&グルコサミン

ネコの疾病予防をも重視しているシンプリーキャットフードでは

 

猫には頻発しやすい関節炎を防ぐために
コンドロイチンとグルコサミンが配合されています。

 

人間もずいぶんと恩恵を受けている
グルコサミンやコンドロイチンですけど

 

小学生の子どもが飲むような成分では無いことはご存知の通り。

 

人同様に老猫・シニア猫が健康的に生活するには魅力的なのですが

 

子猫には「必要ない」成分なのですね。

 

だからわざわざシンプリーを給餌するまでもないと。

 

それに身体を形作る成長期においては
これらの成分が過剰となる可能性もゼロでは無いと思います。

 

動物栄養学者さんによって作られたシンプリーキャットフードですのでガイダンス案内の通りに10ヶ月を超えた成猫に与えてあげるのがいちばん良いでしょう♪

 

20年一緒に生きるってコンセプトですから、愛猫のことを考えて選んであげたいです。

 

→ 【獣医さんもおすすめ】シンプリーキャットフード公式サイトはこちら

特にシニア猫にとって良いフード関連ページ

食いつきの良いキャットフードを選ぶなら!?
食いつきのよさもシンプリーの特徴ですよ!長生きフードへの切り替えも難しく無い、安心だと評判です。
全猫種対応、でも子猫はNG(10か月目〜)
キャットフードのシンプリーは全猫種に与えられます♪でも、子猫にはダメなのですね。シニア猫向きなのかしら…
なぜ「10ヶ月から」とされているのでしょうか?
シンプリーキャットフードは子猫に与えてはいけないの??10ヶ月未満の幼猫には不向きだそうです。でもなぜ10ヶ月からなのか??シンプリーキャットフードの成分チェック。
口コミではこんな評判!?
シンプリーキャットフードを実際に使っているユーザーの生の声も聞いてみたい!口コミ情報を調べてみました♪愛猫家の飼い主さんが選んだシンプリーの真実とは??
下痢するって本当??
キャットフード「シンプリー」を食べて下痢をする、なんてクチコミもあるみたい??シンプリーキャットフードが原因で下痢になるのかなど気になる体調への影響を確認しておきましょう。

 
商品詳細 品質評価 販売店について