シンプリーキャットフード 子猫

【最新情報】シンプリーと子猫の関係

シンプリーキャットフードは子猫〜成猫でも、どんな年齢の猫でも食べられる食品です。

 

以前までは成猫が対象とされており、子猫にはすすめられませんでしたが、最近シンプリーキャットフードに改良が加えられ、子猫が食べても問題ないようになりました。

 

>>【参考】子猫にはダメだと聞いたのですが…

 

 

シンプリーキャットフードの特徴について

 

サケの含有量が高い!

 

シンプリーキャットフードは魚の含有量が極めて高いのが特徴です。特にサーモンです。全体の50%以上がサケが占めていて、お魚好きな猫ちゃんも大喜びするでしょう。

 

グレインフリー

 

グレイン(=穀物)は消化が悪いので猫にとって負担がかかります。小さな子猫ちゃんであれば尚更でしょう。

 

以前まではシンプリーキャットフードにもグレインが含まれていましたが、最近グレインを撤廃し、グレインフリーになったことからも、より猫にとって健康的で安全になりました。

 

これなら子猫ちゃんでも食べられますね!

 

老猫を長生きさせる

 

シンプリーキャットフードは猫を20年長生きさせる目的で作られています。

 

高齢猫にとって身体に良い原材料を使い、年をとるにつれリスクが高くなる関節炎や肥満予防にもなります。

 

また、年をとって食欲がなくなってきた老猫の食いつきもよくなるでしょう。食欲増進効果も期待できます。

シンプリーの原材料にはどんな特徴があるの?

シンプリーキャットフードは猫の身体にとても良いと言われていますが、どんな材料が含まれているのでしょうか。

 

ここでは、シンプリーキャットフードの原材料について詳しく解説していきます。

 

シンプリーキャットフードに含まれる原材料について

 

シンプリーキャットフードに含有されている主な原材料は以下の通りです。

 

  • サーモン
  • ドライサーモン
  • サーモンオイル
  • オーツ麦
  • ヒマワリ油
  • オリゴ糖
  • 乾燥全卵
  • クランベリー

 

 

原材料の特徴・分析

 

シンプリーキャットフードの原材料のほとんどが魚です。

 

特にドライサーモン・サーモンの含有量が一番多いく、チキンよりも魚を好む猫ちゃんにとってはぴったりの食事となるでしょう。

 

食欲がなくなってきた老猫にも与えられるおいしいキャットフードです。しかも人間でも食べられるくらい安全な成分と材料で作られているので、猫ちゃんの体に負担がかからず、安心していつまでも長く使っていけます。

 

添加物も入っていないので、身体の弱い猫ちゃんや、アレルギー体質の猫ちゃんでも食べられますよ。

 

>>併せて読みたい!猫は尿路結石に注意!の記事へGO

子猫でも食べられる!関連ページ

猫は尿路結石に注意!フードの成分バランスが大事です。
病気対策はフード選びから始まっていますよ!成分に注目。気になる猫がなりやすいこの病気…。
高齢シニア猫にもOKな、低カロリーフード。
シニア猫とこれからもずっと一緒にいたいから…人間同様「何を食べるか」で健康状態が決まってきます!高齢ならローカロリーがbetter??
子猫にはダメだと聞いたのですが…
子猫にはシンプリーキャットフードは向いていない??なぜなのかを調べてみました!子猫に与えてあげてもいいのかもだけど、そもそも子猫って何歳までか!そこです!
アレルギーや毛玉対策などにも良い
ネコちゃんの悩み、アレルギー改善や毛玉対策に「シンプリー」キャットフードが効果的なのですね!シンプリーキャットフードでできるコトはたくさんあります。アレルギーも毛玉の悩みもなんとかなる♪
グレインフリー(穀物不使用)でたんぱく質が中心
シンプリーキャットフードはグレインフリー(穀物不使用)でたんぱく質が中心♪愛猫にとっての健康バランス抜群なキャットフードなのです。シンプリーの成分情報。

 
商品詳細 品質評価 販売店について